FC2ブログ
TOP > 阿蘇山観音まつり(火渡り)へいらっしゃいませんか?
 ← 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《前編》 | TOP | 西巖殿寺奥之院へのアクセス

リストマーク 阿蘇山観音まつり(火渡り)へいらっしゃいませんか? 

2009年04月13日 ()
今年も「阿蘇山観音まつり」の季節がやってまいりました!

毎年4月13日、阿蘇坊中の西巌殿寺(さいがんでんじ)にて
「阿蘇山観音祭」が行われます。
山伏たちが集まり、燃え盛る火の上を素足で渡る「火渡り」や
熱湯の湧き立つ釜の中に入る「湯立て」などの荒行を行って、
お参りに来られた方の一年間の無病息災を願うものです。
火渡りの様子

奥之院と西巌殿寺の結びつきについて少しご説明すると・・・
西巌殿寺は阿蘇山本堂西巌殿寺奥之院の里坊です。
里坊というのは、冬の寒さの厳しい時期に過ごすための
山の麓にあるお寺のことです。
現在では色々な関係でお坊さんはこちらに常駐しております。

阿蘇山観音祭」は、毎年熊本県内外から
西巌殿寺にたくさんの信者さんが集まる大きな祭りです。
昨年は熊本日日新聞様が、祭りの様子を一面にカラーで
取り上げてくださいましたので、記事をご覧になった方も
おられるかと思います。

祭りについて詳しくはこちらをご覧ください。(西巌殿寺HPです)

火渡り
さすがにこの火の勢いでは、一般信者さんは火の上を渡ることができません。
このあと火を弱めて炭の状態に近づけ、くすぶった状態になったところで
皆様にはお渡りいただくことができます。
それでも、火傷する方がおられますので、どうぞお気をつけてお渡りください。

湯立て
湯立ての湯を笹の葉にたくさん染み込ませて、信者の皆様に向かって
湯まきを行います。至近距離だと火傷しますのでご注意くださいね!

この湯を浴びると、一年間の無病息災のご利益があり、
また、配られる笹の葉はお守りになるので、笹の葉を配り始めると
我先にと奪い合いになるほどです。

大変ありがたいことに、毎年多くのカメラ愛好家の方々が、
この祭りをファインダーに納めに来られ、おかげさまでたくさんの方々に
祭りの存在を知っていただくことができました。
私たちもびっくりするような臨場感あふれる写真を撮ってくださるので、
祭りを執り行うこちらとしても嬉しい限りです。

また、祭り当日に、願い事とお名前を記入した護摩木をお納めいただきますと、
その場で山伏がごうごうと燃え盛る火の中に投げ込み、
皆様のお願い事が叶うようお祈りいたします。

どなたでもお気軽にお越しください。
今年の4月13日は月曜日で平日ですが、阿蘇に古くから伝わる
勇壮な山伏たちの荒行を是非見にいらしてくださいね!
[2009.04.13(Mon) 10:29] 西巌殿寺Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《前編》 | TOP | 西巖殿寺奥之院へのアクセス

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://komenomeshi.blog115.fc2.com/tb.php/5-04bbd8fd
 ← 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《前編》 | TOP | 西巖殿寺奥之院へのアクセス

奥之院へのアクセス

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ランキング