TOP > 幡(はた)、竜(へび)、灯籠
 ← 久々の大雪ですね | TOP | 甲子の日

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 幡(はた)、竜(へび)、灯籠 

2014年01月08日 ()
本日は年明け初めてのお葬式です。

お葬式の時には竹に幡(はた)、竜(へび)、灯籠を下げて軒先に飾ります。
幡は無常偈というお経を書き、竜は無事にお葬式が終わるように守ってもらうため。
灯籠は昔はお葬式を夜に行っていた名残です。

これを亡くなった方の家の隣保班(近所の方々)が朝から作ります。

なぜ竜をへびというのかは誰も知りません。
今年80になるおじいさんが子供の頃からへびと呼んでいたそうです。

20140109.jpg
[2014.01.08(Wed) 14:39] 今日の奥之院 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 久々の大雪ですね | TOP | 甲子の日

奥之院へのアクセス

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。