FC2ブログ
TOP > 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《後編》
 ← 「五縁結び」に願いをこめて・・・ | TOP | 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《前編》

リストマーク 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《後編》 

2009年04月17日 ()
前回は、4月13日に行われた阿蘇山西巌殿寺「阿蘇山観音祭り」の火渡り荒行の様子をお伝えしました。
この祭りは、火渡り荒行湯立て荒行のふたつの荒行が行われることで知られています。
今回は、火渡り荒行の後に行われる湯立て荒行の様子をお伝えいたします

信者さんと観光客の皆さんによる火渡りが終わったあと、中庭内の煮え立った釜の周りに続々と人が集まり始めます。
湯立て荒行とは、煮立った釜の湯を行者が笹の枝で周囲の人たちに豪快にまき、その後煮え立った釜の中に行者が入るという荒行です。
この釜の湯を体に浴びると一年間の無病息災のご利益があると言われているため、少しでも近くで湯を浴びようと、信者さんや観光客の皆さんが一斉に釜の周囲へ詰め掛けます。
湯立ての荒行が始まります

ぐらぐらと煮立つ湯の中に笹の枝を浸して・・・
お湯を浴びて無病息災を祈ります

「エイヤーッ」とばかりに湯を周囲に向かって撒き散らします
この湯を浴びることでご利益があるのですが、なんといっても沸き立つ湯を撒くわけですから、まともに浴びるとさすがに熱いです
前列にいらっしゃる方は、ご注意くださいね。また、カメラをお持ちの方もお湯にご注意を!
お湯はかなり熱いので前列の方は注意!

湯かぶりのあとは、いよいよ行者による荒行。
沸騰した釜の中に行者が順に入っていきます。火渡りと同じように、これも修行を積んだ行者にしかできない荒業です。
湯立て荒行

湯立て荒行が終わったあとには、湯かぶりで使用された笹の枝が配られます。
これを持ち帰ることで家内安全・無病息災ご利益があると伝えられていますので、数に限りがあるこの笹の枝を手に入れようと、毎年場内が騒然とする瞬間です。
笹の枝を持ち帰ると無病息災のご利益があります

火渡り荒行・湯立て荒行が無事に終了すると、「阿蘇山観音祭り」も終わりを迎えます。
本堂内に、ささやかではございますが、阿蘇の郷土料理のおふるまいをご用意しております。
お時間の許す方は、どうぞおふるまいをお召し上がりになってからお帰りください。
お振る舞いは阿蘇の郷土料理です

毎年この祭りが行われる4月13日には、西巌殿寺の帰りにそのまま阿蘇山上へ向かい、阿蘇山本堂西巌殿寺奥之院へお参りくださる方も多数いらっしゃいます。
西巌殿寺で無病息災を願い、奥之院で厄除消除を祈願すれば一年は安泰ですね。
また来年、皆様にお会いできますことを阿蘇山西巌殿寺一同でお待ちしております。
阿蘇山上の奥之院にもたくさん参拝していただきました

・・・といったところで、2009年の「阿蘇山観音祭り」のレポートはおしまいです。祭りの様子が少しでも伝わりましたら幸いです。

この祭りは、来年も4月13日に行われます。
どなたでもお越しいただけますので、気候がよくなるこの時期に、どうぞ阿蘇へ遊びにおいでください
[2009.04.17(Fri) 10:06] 西巌殿寺Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「五縁結び」に願いをこめて・・・ | TOP | 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《前編》

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://komenomeshi.blog115.fc2.com/tb.php/16-c811c5a8
 ← 「五縁結び」に願いをこめて・・・ | TOP | 西巌殿寺の阿蘇山観音祭り《前編》

奥之院へのアクセス

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ランキング