TOP > CATEGORY > 阿蘇のむかし写真館
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 阿蘇での映画撮影の様子 

2009年06月10日 ()
阿蘇はその独特の景観から、今も映画撮影がよく行われています。
昔から阿蘇山上では映画のロケがたくさん行われており、そのときの写真をご紹介します。

阿蘇での映画撮影
今でも阿蘇ではよく撮影が行われます
映画撮影の様子

これらの写真は、当時阿蘇山上で働いていた人が撮ったものだとか。
撮影の雰囲気がよく伝わってきますね

これまでにも黒澤明監督の「乱」をはじめ、「ラストサムライ」「黄泉がえり」「逃亡くそたわけ-21歳の夏」 「風のダドゥ」「勇気の3000キロ」「まぼろしの邪馬台国」「隠し砦の三悪人」など、阿蘇地区でのロケは多く行われています。
神々しくもあるこの雰囲気は、他にはないからかもしれません。

「聞こゆるや」の山田武監督の「母しゃんの子守唄」も阿蘇が舞台です
山田監督は阿蘇一の宮出身の監督として地元でも有名です。

数々の映画の舞台になることからも分かるように、阿蘇一体はどこを見ても撮影ポイントが満載
どこにカメラを向けても素晴らしい風景を切り取ることができます。
この週末は、カメラ片手に阿蘇観光はいかがでしょうか?
スポンサーサイト
[2009.06.10(Wed) 14:20] 阿蘇のむかし写真館Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 奥之院の今昔 

2009年05月29日 ()
西巖殿寺の檀家さんの中に、明治から昭和にかけてものものと思われる阿蘇周辺の写真をお持ちの方がいらっしゃいました。
歴史的資料としても貴重なものばかりで、本当によく残していて下さったと嬉しく思います。

せっかく写真をお借りすることができましたので、許可を得てこちらのブログでも紹介させていただくことにしました。
少しずつではありますが、阿蘇の今昔を物語る資料としてご覧いただければ幸いです。
なお、お借りした写真ですので、この写真の無断転載はご遠慮ください。

今回早速ご紹介するのは、阿蘇山本堂西巖殿寺奥之院と観光バスとの光景です

ボンネットバスと奥之院
観光バスと奥之院

阿蘇山上は、今も昔も熊本を代表する観光スポット。
バスの形がボンネットバスから現在の形に変わっているだけで、阿蘇を背景にした光景はほとんど変わりがありません。
昭和から平成へと時代が移るにつれて、バスの形が変わるとともに、韓国など外国からのお客様の姿も多くなってきました。
近頃ではミシュランジャポンに阿蘇が紹介されたことにより、フランスからのお客様もちらほらとお見かけします。

ボンネットバスが走っていたこの頃は、まだ火口に登るためのロープウェーもありませんでした。
今でこそロープウェーに乗ればすぐに火口を臨むことができますが、当時は人々が歩いて登っていたそうです。

他にもたくさんの写真をお借りしましたので、また改めてご紹介させていただきます
[2009.05.29(Fri) 11:56] 阿蘇のむかし写真館Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

奥之院へのアクセス

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。